公開履歴
肌がきれいなので満足をする女性

顔の肌に大きなニキビ跡ができるとかなり目立ってしまいますし、気持ちまで落ち込んでしまうかもしれません。
ニキビ跡はニキビの炎症が悪化し、毛穴の周囲の組織にダメージを与えてしまったことで発生する傷跡です。

色や形状によっていくつかの種類があり、自宅でケアできるものもありますが、皮膚科で治療を受けないと治らないこともあります。
目立たない状態にしたいなら早期治療が大切です。
また、跡になる前のニキビとは対処法が異なることを知っておきましょう。

ニキビ跡の種類は一つじゃない

ニキビ跡にはいくつかの種類があり、それぞれ異なる特徴があります。
赤いニキビ跡はニキビの炎症により、毛細血管が大量に形成されることが原因です。
ニキビの腫れが治まって肌が平らになっても赤い跡が残ったように見えてしまいます。
時間の経過によって自然に薄くなるとされていますが、刺激が加わるとメラニン色素が生成されて色素沈着を引き起こすことがあります。
そうなると跡が消えにくい状態になってしまうため、できるだけ刺激を与えないように注意しましょう。

赤いニキビ跡ができたらビタミンC誘導体を取り入れるのがおすすめです。
ビタミンC誘導体はニキビ跡の赤みや色素沈着を薄くするという効果があり、美白効果のある基礎化粧品などによく使われています。
症状が悪化する前に有効成分を配合した化粧品で早期治療を行いましょう。

紫のニキビ跡はニキビの炎症が悪化し、毛穴の中で化膿して真皮までダメージを受けてしまった状態です。
細かい毛細血管が切れて皮膚に血液が漏れ出すことにより、紫色に見えてしまうということです。
紫のニキビ跡は内出血と同じような状態であり、痛みなどはほとんどないとされています。
時間の経過によって薄くなりますが、放置しておくとシミに変化してしまうことがあります。
そのためきちんと紫外線対策を行い、手で触れないように気を付けましょう。

ニキビ跡の紫色に見えるのは血中の赤血球に含まれるヘモグロビンの色とされています。
ヘモグロビンは酸素を失うと黒く変色するという性質があり、ニキビ跡が紫色に見えてしまうということです。
紫のニキビ跡はビタミンC誘導体で色素沈着を予防することがポイントです。

茶色のニキビ跡は紫のニキビ跡が色素沈着を起こした状態です。
色素沈着は外部からの刺激や紫外線の影響でメラニン色素が過剰に生成されてしまうことが原因です。
症状の悪化を防ぎたいという場合、紫外線対策を行うことが重要です。
ニキビができたら日焼けには注意し、きちんと紫外線対策を行いましょう。

クレーター状のニキビ跡は毛穴とその周辺の皮膚のコラーゲン組織が破壊され、肌に凹凸ができてしまった状態です。
ニキビの炎症による刺激が原因ということですが、クレーター状のニキビ跡は一度できると自力で目立たないようにすることは難しいとされています。
年齢を重ねるごとにコラーゲンの量が減少してしまうため、肌の凹凸がさらに目立ってしまうことがあります。

ニキビ跡を消すなら早めに皮膚科へ!

皮膚科で治療を受ければ効率よくニキビ跡を消すことができます。
皮膚科を受診したらまずは問診が行われます。
問診ではニキビ跡がいつからどの部位にできているのかということやどんな治療を受けているのかといったことが聞かれます。
治療を行っている場合は治療内容についてしっかり伝えましょう。
また、自身の体質やケアの方法などについても聞かれることになります。

治療には外用薬と内服薬が使われます。
外用薬が主に使われるということですが、抗生物質とそれ以外の外用薬があります。
抗生物質には、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌するための成分が含まれています。
毛穴の詰まりを改善するための外用薬などもありますが、保険適用外となることもあります。

ニキビ跡の炎症を抑えるため、抗生物質の内服薬が処方されることもあります。
また、女性ホルモンを補うために低用量ピルなどが使われることもあるでしょう。
皮脂の分泌量を抑えるためにビタミン剤が必要なこともありますが、即効性はないので複数回の治療を継続することが大切です。

症状が酷い場合、早めに皮膚科に行くのがおすすめです。
皮膚科では薬による治療を受けられるだけでなく、レーザー治療や光治療なども受けることができます。
レーザー治療はニキビ跡に高い効果を発揮する方法です。
しかし、肌への刺激も大きいため、不安な人は光治療を受けてみると良いでしょう。

ニキビ跡で皮膚科に行くのは面倒だという人や市販薬を使って治療したいという人もいるかもしれません。
薬局やドラッグストアで販売されている市販薬は値段が安く、手軽に購入できるというメリットがあります。
しかし、皮膚科で処方される薬よりも有効成分が少ないと言われており、なかなか効果が出ないことも多いです。
また、自己判断で薬を選ぶ場合、症状に対して適切なものを選べていないこともあります。

皮膚科で治療を受ければ、正しい診断を受けることができますし、ニキビ跡の症状に合わせた薬を処方してもらうことができます。
そのため自己流のケアよりも短期間でニキビ跡を改善することができるでしょう。
ちなみに、治療の中には保険が適用されるものもあります。
保険が適用された場合、市販薬よりも安く済むことがあります。
そのため確実にニキビ跡を治したいなら皮膚科を受診した方が良いとされています。

ニキビ跡に効果的なレーザー治療

ニキビ跡に効果があるとされる化粧品などもありますが、化粧品はあくまで肌の働きをサポートするためのものです。
そのため効果を実感できるまでにはかなりの時間がかかってしまうこともあります。
短期間で悩みを解消したいという場合、皮膚科のレーザー治療がおすすめです。
日本ではさまざまな種類のレーザーが導入されているため、どの種類が自分にとって良いのかについてはドクターとしっかり相談してから決めましょう。

ニキビ跡は肌の内部に傷ができている状態であり、真皮や皮下組織まで薬を届けることはできないとされています。
しかし、レーザーなら真皮や皮下組織までしっかり届きますし、肌の深いところから原因を解決できるということです。
レーザー治療ならどんな種類のニキビ跡にもきちんと対処することができます。

レーザー治療でニキビ跡を消す場合、かかってくる費用は皮膚科ごとにかなり異なっています。
また、レーザー治療は保険適用外の施術であり、費用は全額負担となります。
一般的に1回の治療で1万円程度かかりますし、トータルでは10~20万円程度かかってくるでしょう。

ニキビ跡は悪化すると自宅でのケアで治すことができなくなってしまいます。
早めのケアが大切ということですが、肌を綺麗な状態に戻したいならレーザー治療を受けた方が良いでしょう。
レーザー治療を受けても日常生活に影響などはありません。
施術を受けたらすぐに元の生活に戻ることができます。

しかし、肌質や機械によって施術中に刺激やかなりの痛みを感じることがあります。
場合によっては出血などが起こることもあるので注意しましょう。
効果の出方は症状によっても変わりますが、皮膚科のレーザー治療には即効性がありません。
効果を得るためには複数回の施術が必要になります。
人によっては数年間の通院が必要になることもあります。

レーザー治療は痛みがあるとされていますが、不安な場合は麻酔を使ってもらうと良いでしょう。
カウンセリングの時に伝えておけば麻酔を使ってもらうことができます。
また、レーザーの施術後は軽い火傷状態になってしまいます。
しかし、これは一過性のものですし、ある程度時間が経過すれば薄くなるということです。
ちなみに、妊娠中や光過敏症の人などはレーザー治療を受けることができません。