コーヒーとにきびの関係

2020年01月20日

コーヒーは嗜好品として昔から親しまれていて、朝や食後はコーヒーを飲んでリフレッシュをするという人は多いです。
では、なぜコーヒーはリラックスするときによく飲まれるのかを知っているでしょうか。
コーヒーにはカフェインというのものがたくさん入っていて、このカフェインが私たちの体に大きな影響を与えます。

朝は一日の中で特にやる気がでない時間帯です。
体は眠りから完全に覚めていない状態なので、何らかの刺激を与えて体を覚醒状態に導くのは一つのテクニックといえます。
最近は寝起きでシャワーをあびる人が多いですが、これは体をしっかりと起こす行動しては正しいです。
コーヒーにも同じような効果を期待することが出来ます。

コーヒーに多く含まれているカフェインは一定量摂取することで精神を覚醒させることが出来ます。
カフェインを摂取することで短時間で集中できる精神状態になるので、カフェインは様々なシチュエーションで用いられています。
仕事の合間の休憩時間や、筋力トレーニングの質を長時間維持したい時にも効果的です。
人間は疲れてくると集中力がなくなり、眠気がおそってきます。
なので、定期的にカフェインは摂取することで、1日を通して精神を覚醒させることができて、眠気はなくなり、集中力が高まります。
朝からテキパキと仕事をこなしたい人は朝食と一緒にコーヒーを飲むと効果的です。

コーヒーの中にはポリフェノールやクロロゲン酸類という美容効果がある成分を豊富に含んでいる種類のものもあります。
ポリフェノールやクロロゲン酸類は肌の代謝を助ける働きがあり、肌荒れやニキビ予防にも役立ちます。
ニキビが劇的に治るということは考えにくいですが、ニキビが出来にくい状態を作り出すことは可能だと言えます。
美容目的にコーヒーを飲むのであれば、砂糖やミルクを加えないでブラックコーヒーを飲むことをお勧めします。
朝食や昼食と組み合わせて飲めば集中力も高まります。

寝る前NG!過剰摂取NG!正しいコーヒーの飲み方

コーヒーを飲むことには色々なメリットがありますが、飲み方を間違えると体に好影響を与えることは出来ずに、体調を悪くしてしまいます。
ほとんどの人が知っているかもしれませんが、コーヒーは寝る前には飲まない方がよいといわれています。
寝る前というのは安定した精神状態になる必要があり、興奮状態になったり、頭が冴えている状態では眠りにつくことは出来ないです。
なので、就寝前にコーヒーを飲んでしまうとカフェインの影響で眠りを妨げてしまいます。
体が疲れきっている状態であれば眠りにつくことが出来ますが、そうでない状況ではなかなか眠りにつくことはできずにストレスを抱えてしまいます。

就寝前のコーヒーは健康上あまり良くないということが分かったと思いますが、過剰摂取も良くないことを覚えておきましょう。
集中力を高めたいからといって一日に何杯も飲んでしまうとカフェインによる中毒症状が現れる場合もあります。

カフェイン中毒の主な症状としては心拍数が急激に上昇する、指先が震える、頭痛におそわれるなど、様々なものがあります。
コーヒー飲んでいて、少しでも体調が悪くなったらその日はカフェインが入っているものを飲むのは止めて、水などをたくさん飲んで排尿をするようにしましょう。
体からカフェインが抜ければ体調は戻るので慌てなくても大丈夫です。
しかし、短時間でのカフェイン過剰摂取は生命の危険もあるので絶対に止めましょう。

カフェインの耐性が弱いけどコーヒーは好きなので飲みたいと人はなるべく食後に飲むようにしましょう。
それでも体調が悪くなるという人はカフェインが入っていないコーヒーをお勧めします。
味はコーヒーと違いはないので十分満足できるはずです。