• ホーム
  • 茶色いニキビ跡の改善方法

茶色いニキビ跡の改善方法

2019年08月24日
肌がきれいなので嬉しく笑う女性

茶色いニキビ跡の悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。
ニキビ跡がシミとして残ってしまうとなかなか消すことが出来ません。
消すのは至難の業ですが予防することは比較的簡単なことですので、ニキビが出来にくい健やかな肌環境に導いたりニキビ跡として残らないようにするためのケアを積極的に行ったりして予防に努めていくことが大切です。

ニキビが出来てしまう原因としては、乾燥や皮脂の過剰分泌や生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れやストレスや環境などがあります。
これらの原因により肌環境が不健康な状態に陥ってしまい角質のバリア機能が衰えると、ターンオーバーが乱れて肌細胞の再生がうまくいかなくなりニキビが出来やすくなってしまいます。
ですので、角質のバリア機能を高めてターンオーバーを活性化させることが重要なポイントとなります。
それが、茶色いニキビ跡の改善にもつながります。

角質のバリア機能を高めてターンオーバーを活性化させるためには、保湿ケアが必要不可欠です。
乾燥がターンオーバーの乱れにつながりニキビの大敵となりますので、徹底的な保湿ケアで肌にたっぷりと潤いを与えることが重要になります。

肌の乾燥はスキンケア不足や環境だけではなく、加齢も原因となります。
加齢に伴いコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドが減少すると肌の潤いを保つことが難しくなってしまいます。
ですので、不足分をサプリで補って体の内側からケアするのも効果的です。
保湿力を高めるためには、パックやピーリング剤やふき取り化粧水などで角質ケアをしたり、導入美容液を使って化粧水の浸透力をアップさせたり、ハンドプレスで化粧水を二度づけしたりするのが良いでしょう。

茶色いニキビ跡は放置すればするほどメラニン色素の影響でシミとなって跡が残りやすくなってしまいますので、ニキビが出来てしまったらすぐに対処することもポイントとなります。
栄養バランスのとれた食事や質の良い睡眠や適度な運動やストレス解消などに努めて代謝アップや血行促進を意識することも大切です。

シミの原因、メラニンのメカニズム

シミの原因となるものとしてメラニンがあります。
紫外線を浴びたり摩擦が生じたりストレスを感じたりなど様々な要因により肌がダメージを受けると、活性酵素の影響によりメラノサイトからメラニンが生成されます。
そのメラニンが色素沈着を引き起こすことで、シミが出来てしまうというメカニズムです。
茶色いニキビ跡が残るのも、このメカニズムによるものです。

炎症で活性酵素の影響を受けてメラニンが色素沈着を引き起こしてしまうと茶色いニキビ跡がいつまでもシミとして残るのでとても厄介です。
茶色いニキビ跡がいつまでもシミとして残ることを防ぐためには、早めのケアが重要なポイントとなります。

茶色いニキビが出来てしまったらすぐにケアを開始しましょう。
炎症が活性酵素を発生させてメラニン色素に影響を与えますので、活性酵素の発生を阻害してメラニン色素を作らせないようにすることが大切です。
炎症がシミの大敵となりますので、ニキビを潰したり無理やりピーリング剤などで刺激をしたりすることは避けましょう。

活性酵素の発生を阻害してメラニン色素を作らせないようにするためには具体的にどのようなことをすべきかというと、徹底的な保湿ケアで角質のバリア機能を高めターンオーバーを活発にさせて肌細胞の再生をスムーズにさせる、抗酸化作用を持つ成分を積極的に摂取してメラニンの色素沈着を抑制するなどです。
抗酸化作用を持つ成分としては、ビタミンCやビタミンEやポリフェノールやLシステインやコエンザイムQ10やアスタキサンチンやαリポ酸などがあります。

摩擦を避けて角質を傷付けないようにするために洗顔を優しく行ったり、紫外線から肌を守るために日傘や日焼け止めなどによるUVケアを徹底するなども心がける必要があります。
シミの原因やメカニズムを正しく理解して、早めにケアを開始することが大切です。
ケアの開始が早ければ早いほど茶色いニキビ跡の改善効果もアップしますので、積極的に行って悩みを解消させましょう。